2017年03月08日

初めて世紀末装備を作るときの注意事項

世紀末が来た! どう生き抜くべきか?


1.設定は凝りすぎず、薄すぎず、柔軟な姿勢で設定を考えよう!
自分が世紀末の世界で生き抜くとなったら、どんな職業でどんな生き方をしますか?
レイダーや商人、傭兵や乞食、宗教家、ミュータントなど様々です。まずは職業やテーマの服をベースに継ぎ接ぎやゴツいプロテクター等で世紀末要素を足していきましょう。
注意点としては考えた設定に固執してしまい、世紀末装備本来の自由さがいかせなくなることです

その時はまた別の見方から設定を考えてみましょう!

2.ベースのアイデアが決まったら、世紀末要素を足していこう!
ベースの服や装備が決まったら、次は世紀末要素を付け足しましょう!
例 皮革、空缶、くず鉄や交通標識等の金属類、骨、タイヤ、ボロ布、ゴツいプロテクター、錆びた武器やアイテム、ガスマスク etc...
これらを最低でも2つ以上を目安につけましょう。

世紀末要素が5つ以上ある
世紀末を題材にした砂ぼうずのアラミド防具などありますが、光沢のあるナイロンのタクティカル装備は新品感が強く出てしまいがちです。
そのまま使わずに塗装で汚したり、帆布のポーチをつけるなどして急造品感を出しましょう。

メトロ2033の第四帝国兵士

3.装備は自分の体力にあった重量で、カッコよく、実用的に!
体力に自信が無い人が重い鎧を着る必要はありません。それよりも軽くて気温によって脱ぎ着がしやすい装備で勝負しましょう! 勿論、体力に自信のある方は重装備にもどんどん挑戦してみましょう!

軽装 装甲を省き、ソードオフM79で機動性重視 (サバみそさん)


重装 タイヤの追加装甲を施したフットボールパッド (ハムニダさん)


みんなちがってみんないい。

4.装備の核となる装備を作ろう!
➡暑いから装備を脱いだら、一気に貧相になっちゃった! ということにならないように、これさえあればTシャツ姿でも大丈夫という核となる装備が必要です。
例えば自分の装備の核となるのはヘルメットとベストです。
フル装備

略式装備



5. 肩パッドのトゲの角度や数に気をつけて!
世紀末装備ではトゲのついたパッドや角や骨を使った装備は魅力的です。
その為、トゲトゲの運用はご自身や周りの方の目や顔に刺さらないように角度を十分確認し、安全に配慮しましょう。

日本の角ヘルメットのパイオニア"てょんぬ"さん

6.汚しや傷のやり過ぎはテーマをぼかす。綺麗さと汚さのバランスが大事
➡風化させ過ぎてしまうとコントラストが少なくなり反って全体がぼやけてテーマ性が薄れてしまいます。しかしながら、世紀末から長い年月が経っているという設定なら、より風化させるのも方法の一つです。
基本は全体のバランスを見て汚しましょう!

7.ストーリー性
➡自分の設定に合わせて装備にもストーリーを付け加えましょう。歴戦の傭兵なら防具への弾痕、凶悪なレイダーなら人体の破片といった具合です。
自分の設定にそった小物を付けることで、装備の設定を他者に分かりやすくアピール出来ます!

悪魔のいけにえを彷彿とさせる人皮ポーチ。残虐性と威嚇感が強く出ている。

世紀末装備の魅力は軍装のように"これが無いとダメ"というのが存在しない為、比較的自由に作れることです。
しかし、全くの自由という訳ではなく、自分の設定を口で語るのではなく、装備で語る必要があります。
しかしながら、いくつかのポイントをつかみさえすれば、比較的安価で簡単にクオリティーの高い装備ができます

それでは良い世紀末ライフを!


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。